子連れで車中泊したら楽しすぎた!?ママと1歳でキャンプしてみた!

Zion

✅当サイトは広告を利用しております。

Zion(シオン)
Zion(シオン)

こんにちは。

キャンプって憧れるけど、ハードルが高いですよね。
うちも子供ができてから中々行くことが出来ませんでした…

1歳になり、少し体力がついてきたということで、車中泊キャンプしてみました。その様子をレビューしようと思います。

キャンプと車中泊の違い

キャンプはテントを張ったりして、その中で過ごしたり、寝たりします。

車中泊は車の中で寝泊まりします。

大きいタイプの車であればその中で料理などもします。

家族がいる場合は布団や車専用のベットなどを敷いて寝る専用になることが多いですね。

子連れキャンプ車中泊の注意点

子供と車中泊で気をつけたいのは温度管理防犯です。

温度管理

夏は熱中症に注意、冬は寒さで風を引くのに注意したいです。

夏は冷感マットや保冷アイスをタオルで巻いてアイス枕にするなど厚さ対策。

冬はヒートテック、起毛のセットアップなどを着せる。

車の中は密閉されるので家族で寄り添ってねると暖かいです。

防犯

防犯は窓のカバーをすることをおすすめします。

周りで人の声が聞こえたり、足音が聞こえると不安になりますからね。

曇りガラスは中でライトを使うと丸見えになっちゃいます。

子連れで車中泊した様子

1歳の息子を連れて初の車中泊キャンプへ!!

寒い季節だったので、テントを張るのはきついかな?と思い車中泊にしました。

車の横にテーブル、カセットコンロ、椅子をセッティングしただけのラフなスタイル!

キャンプも好きですが子連れだと片付けが大変なので、こっちも好きです。

カセットコンロとホットサンドメーカーがあれば手軽に料理ができます。

パンを買って、入れたい具材を買って、挟んで焼くだけ。

大人も子供も大満足なホットサンド!大自然で食べるご飯は最高にうまいッ!

夜はインスタントバーベキューコンロで肉を焼いたり焼き芋をしました。

炭の準備などがなくて手軽にできて、捨てられるから片付けも楽ちん!

火力がそこまで強くないからじっくりやく必要があるので、注意は必要です。

焼き芋に夢中で一心不乱に食べる1歳!かわいい!!

初の車中泊キャンプで初の焼き芋!気に入ってくれて良かった。

夜は綺麗な星空が見れて最高のキャンプ日和でした。

今はiPhoneで星も撮れるからすごいですね。*iPhone13で撮影しました。

明るさをマックスまで調整すると星を撮影できますよ!

1歳はまだ星には興味ないみたいだけど、パパママはテンション上がりました。

次の日の朝はビーチを散歩。

朝日を望みながら自然を満喫するのは最高です。

モーニングコーヒーで一息つくと幸せー!

キャンプの朝の空気でいただくコーヒーって飲み物の中で1番好きかも。

撤収してそのまま近くの公園へ!

お気に入りの布をずっと握りしめている。笑

寝る時にないと寝れない布です。車中泊でも持って行ったら、そのままずっと持っていました。洗うの大変だぞー!笑

公園には桜も咲いていて、車中泊キャンプからの桜を見ました。

家族車中泊キャンプ大満足!楽しかったなー。

1歳子連れで車中泊キャンプのメリット・デメリット

【メリット】
・テントの準備がなく、簡易の物で準備できる。
・準備、片付けが楽。
・車の中は暖かい
・車の中だから防犯になる

【デメリット】
・車が狭いと眠りにくい
・夏の車内はかなり暑い
・車に砂などが入って汚れる

初心者も手軽にできるし、小さなお子さんがいる場合は車中泊の方がいい?

個人的には大満足な車中泊キャンプでした。

ABOUT ME
Zion(シオン)
沖縄在住2児のパパ。生まれも育ちも沖縄。旅行やアウトドアが好きで、沖縄県内もあちこち遊びに行っています。実際に行った穴場、ローカル観光スポットを紹介しています。ママや子供たちと行った様子やお得な割引情報なども配信しています。ゆたしくー!
記事URLをコピーしました